株式会社うえやま建設

トップ > オールアースパートナー > 株式会社うえやま建設

愛知県のオールアースパートナー 株式会社うえやま建設

株式会社うえやま建設 株式会社うえやま建設


オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設
オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設
オールアースパートナー 株式会社うえやま建設 オールアースパートナー 株式会社うえやま建設


大きな地図で見る

オールアースパートナーからのご挨拶

設計に半年、施工に半年 三方善しの家づくり

住む人の思いを第一に、職人や工務店がその実現に思いきり腕を振るい、世間も喜び、三者とも幸せになる。それが当社の目指す「三方善し」の家づくりです。

設計には半年かけます。「とりあえず適当なプラン」は出しません。できないんですね。十分に打ち合わせをして、お客さんの要望をよく聞いて、いちばん良いと思われるプランをつくりたい。

施工にも半年。腕も心もある職人たちが、自分の家をつくるつもりで知恵を絞り、技を駆使して仕事します。当社ではアフターメンテナンスにも力も入れていて、社長の私が担当していますが、ありがたいことに10年を経たお宅でも、建物自体にほとんど修繕が要りません。

モデルハウスはなく、建てたお宅を見学してもらっています。見学の際には当社の良いところもそうでないところも、遠慮なくオーナーさんからじかに聞いてください。当社で建てるかどうかはその上で決めればいい。そして、建てるときには職人たちを名前で呼んで、何でも相談してください。みんな心根がよく、家づくりの頼れる仲間になってくれます。

オールアース住宅より紹介

株式会社うえやま建設 植山社長と弊社土田 お客様と職人・会社がともに幸せになり、地球に優しい家づくりが私たちの使命です。

植山社長とお会いして間もなく判明した共通点が、愛読書がまったく同じということ。藤沢周平の用心棒日月抄シリーズ!

この本の面白さは、何か「共通のもの」がないとわからないかもしれません。現代社会に置きかえてみると、本当におもしろいんです。

まじめではないけれど、人に好かれ頼りにされる。
損を10回して徳が1回でも、めげない性格。
ちょっと見栄っ張りで、お人よし。
けんかはめちゃくちゃ強いが、女に弱い。
不器用だけど、依頼者にとって将来を創る結果に持っていく。

こんな人物は、けっこう貴重な存在だと思うし、自分と置き換えてみても似ているところもあれば、違うところもあるが、誰かのためにというのが、少なくとも自分よりは先に来る。そんなところが、植山社長と共通項かな?

全く飾らないけど、かっこよく生きたい!

建物もそうじゃないかな。

「みんなを守ってくれて、ずっと付き合っていける住まいを創っていきたい。」
こんな思いをいつも持っている方です。
「形よりも心」いつも暖かい応援と、このような気づきの言葉をいただきます。

ちょうど私くらいの年齢の時に大病を患って、大きな気づきを得たそうです。

だから、私が飛び回っていると心配してくれて、自分のように体を壊さないようにと、アドバイスをくれるのは、本当に感謝しています。

電磁波対策というつながりから生まれたお付き合いですが、それを動かす人間が起点になっているということを忘れないでくださいねと。

これからもご指導の程、宜しくお願い致します。


ページトップへ
サイトトップへ