会社概要−事業内容

トップ > 会社概要−事業内容

 オールアース住宅事業内容について

オールアースの事業は、大きく分けて3つのカテゴリーに区分されます。

  1. 1. オールアース住宅 ……… 分譲住宅: 新築・リフォーム

  2. 2. オールアースアパートメント ……… 賃貸住宅: アパート・コーポ等

  3. 3. オールアースオフィス&ショップ

これらは、建物の構造や用途に応じて対策方法が異なりますが、スウェーデンのガイドライン(MPR-II)を基本とした極低周波電磁波の具体的な数値を測定し、建物が人に与える影響という観点から、常に電圧がかかっている屋内配線に視点をおき、身体と心の両面を考慮したプランニングと責任を持ったコンサルティングからその対策を講じる事業です。

オールアースの事業の目的は「それぞれのライフスタイルを維持しながら、生活環境として当たり前の環境に戻す」ということです。
つまり、進化し続ける住宅設備や家電製品を十分に活用しながら、できるだけその副作用を受けないようにしていくことにより、安心できる「未来住宅」として展開しています。

建物内部の配線からどのように身体へ伝播しているかという発生のメカニズムと、そのときに身体でどのようなことが起きているかなど、多くの測定事例からも家電製品への対策だけではなく、建物そのものへの対策の必要性を提唱しています。
そして、この事業のベースとなる測定と対策のプロフェッショナルが「電磁波測定士」ということになります。

正確に測定を行い、プランに応じた対策を講じていくことがとても重要な要素であり、わたしたちのノウハウでもあるのです。


ページトップへ
サイトトップへ