オールアース住宅とは?

トップ > オールアース住宅とは?

オールアース住宅とは、建物が発生させる電磁波をカットした住まいです。


オールアース住宅とは

オールアース住宅とは、建物から発生する電磁波(電場)を導電性シートを使ってカットした住宅です。

電磁波が伝播する様子

「家」から電磁波が出るって、ご存知ですか?

パソコンや携帯電話から電磁波が出ることは皆さんご存知の通りです。でも電磁波の発生源は、もっと身近で、見えないところにもあるのです。

それは、「家」

建物からも電磁波が発生することを、ご存知ですか?

しかも、昔の家よりも、新しい家のほうが電磁波が強くなっています。


いまの家が電磁波が強いわけ

電気の使用量は、わずか40年で5倍以上に パソコンや空気清浄機が一般的に使われるようになったのはごく最近のことです。

今や1部屋に1台が当たり前になったテレビやエアコンだって、ほんの数十年前までは「一家に一台」といわれていました。

家の中に家電製品が増えたということは、それだけ電気をたくさん使うようになったということ。

電気の使用量は、わずか40年で5倍以上になりました。

電気をたくさん使うために、建物も変化しています。

屋内配線のイメージ


屋内配線の存在

屋内配線 建物の内部には、屋内配線といって、外の電柱から各部屋へ電気を運ぶための配線が通っています。

家電製品のプラグをコンセントに差し込むと、電気が使えますが、このコンセントの先(壁の内側)から配線が通っています。

この屋内配線、25年前は2階建ての住居1軒あたりで150mほどしか使われていませんでしたが、今はなんと1,000m以上!約7倍の量が使われています。

住んだ後では見ることができませんが、新築の工事現場などを見ると、配線が束になって床下や壁の内側に敷き詰められている光景を見ることができます。

屋内配線のイメージ 屋内配線のイメージ
屋内配線のイメージ
電気配線は室内の壁の中を縦横無尽に張り巡らされています。まるで電気コードの鳥かごの中にいるようです。

施工中の電気配線
施工中の電気配線
一軒の住宅に使用される電気コードは600m以上。実際に見てみるとその量に驚くことでしょう。

屋内配線から発生する電磁波

床下や壁の内側を通る屋内配線からは、電磁波(電場)が発生しています。

しかも、パソコン等電化製品ならば、コンセントに差し込んでいるときしか発生しないこの電磁波が、屋内配線の場合は一日中ずっと発生し続けます。

家にいる限り、寝ているときも、リビングでくつろいでいるときも、電磁波の上にいるという状況になりかねないのが、現代の住まいの実態なのです。


オールアース住宅とは?:屋内配線から発生する電磁波が、壁に帯電している様子が数値で確認できます。 オールアース住宅とは?:屋内配線から発生する電磁波が、床に帯電している様子が数値で確認できます。
屋内配線から発生する電磁波が、壁や床に帯電している様子が数値で確認できます。

アースで電場をカットした住まい オールアース住宅

電磁波のうち「電場」はアースでカットすることができます。

電化製品ならば、アース付きコンセントでアースすれば、それだけで電場がカットされていますので、パソコンを使うときなどはアースをすることをお勧めします。

ではパソコンと同じように電場が発生する家(屋内配線)はどうすればアースができるでしょうか?

「オールアース住宅」では、特殊な導電性シートスパンボンドを開発しました。導電性シートスパンボンドを床や壁など屋内配線の通り道となる箇所に敷き、シートをアースすることで、配線から発生する電場を逃がします。

アースの効果を数値で確認できるのもオールアース住宅の特徴です。レジナでは電磁波測定士資格制度を設け、正しい電磁波測定と対策の提案ができる人材を育成しています。

電磁波測定で実証

電磁波測定器による測定で、その効果を数値で確認できます。基準値は世界で最も厳しいスウェーデンのVDTガイドライン(25V/m以下)を採用しています。

電磁波抑制導電性シートスパンボンド 電磁波抑制導電性シートスパンボンド 電磁波抑制導電性シートスパンボンド
電磁波測定で実証 電磁波測定で実証


ページトップへ
サイトトップへ