携帯電話の電磁波についてお答えします!

トップ > オールアース住宅FAQ > 携帯電話について

携帯電話についての質問にお答えします。


1) 携帯電話の発がんリスクのWHO見解について
平成23年6月1日に各マスメディアで上記報道がされました。以下記事の引用です。

「世界保健機関(WHO)の専門組織である国際がん研究機関(IARC、本部仏リヨン)は31日、電磁波とがん発症の因果関係調査結果として、携帯電話の頻繁な利用で脳腫瘍のリスクが高まる可能性があるとの見解を示した。

IARCは、携帯電話の長時間利用と脳にできる腫瘍である神経膠腫(こうしゅ)や聴神経腫瘍の因果関係について「何らかのリスクがある可能性があり、今後も注視が必要」と指摘した。脳以外への発がん性は確認できないとしている。」【時事通信】

この報道に関し、弊社から皆様にお伝えしたいことがあります。ちょうど昨年の11月に、東京女子医大の先生方により、「携帯電話を1日20分以上使用すると聴神経腫瘍のリスクが増加」という研究が公表されました。

この1日20分以上という条件付のリスク増加は、電磁波の影響を正しく伝えていくためにも大きな成果だと思います。がしかし、絶対に間違って欲しくないことがありますので、是非ともご理解を頂戴できればと願っております。まず携帯電話は、通話をする際に頭部付近で使用することによって、このようなリスクが生じるわけですが、携帯電話の電磁波(=電波)そのものが悪いと指摘している訳ではありませんので誤解をしないでください。携帯電話を頭部のすぐ近くで使用することによって、脳の血流が5分の1まで下がるという報告もありますが、頭部付近で使用しなければこうした問題はないと考えています。

簡単ですぐできる携帯電話の電磁波対策方法としては、3つあります。
ひとつはできるだけ通話時間を短くする、そしてもうひとつはイヤホンを使用して頭部付近から離すようにする。最後にできるだけメールを利用することで十分にリスクを軽減できます。

こうした報道によって、「高周波をシールドしなければ」と考え違いを起こすようなことのないように、どうか惑わされないようにしてください。特に、携帯電話の電波そのものが身体に悪いのだと勘違いされ、お部屋中をシールドしたり、シールドカーテンや蚊帳などでの対策は決してしないようにお願いします。金属繊維等のシールド素材であれば電波を反射しますから、電波がお家の中には入って来なくなりますが、その代わりにお家の中で発生している電波も内部で反射し、電波は反射すると強度が増すことで、却って電磁波リスクが増加することになってしまいます。金属で囲まれた電車やエレベーターと同じような環境になってしまうわけです。

携帯電話の身体への影響についてはまだまだ研究段階であり、たくさんの情報が飛び交っていますが、間違った対策や過剰な対策では却ってリスクが増してしまうということを十分にご理解いただき、行動していただければと思います。
何かご不明な点やご意見がありましたらこちらまでご連絡下さい。
info@regina-life.com
2) 携帯電話の電磁波をオールアースでシールドできますか?
携帯電話の電磁波というのは、電波のことを指します。
この電波は、高周波といって家の外でも家の中でも強度は同じと考えられていますが、対策の方法を間違うと、この電波が増幅して「複合被曝」という、とんでもない結果を引き起こしてしまう可能性があるのです。
オールアース住宅の導電性繊維は、この電波には電気的な干渉はしません。つまり、木と同じように、そのまま通り抜けてしまいます。
ところが、電波を遮断しようとしてアルミやステンレスと言った素材を使ってしまうと、室内側に携帯電話を置いていると、圏外表示になります。その場合に、携帯電話は電波を探そうとして電池の消耗が10倍と言われていますが、当然室内側でもアルミやステンレスは反射材となり、複合被ばくという状況を引き起こします。室内に電波を発する機器は携帯電話電話だけでなく、子機や無線LAN、その他家電製品から発せられるものもありますので、このような対策をすることによって却って電波が強い環境をつくってしまうことになってしまうのです。
ですから、遠くから発信している携帯電話の電磁波への対策は必要ないということになるのです。むしろ、耳元で話するような至近距離での影響のほうがはるかに大きいため、長くお話しするときはイヤホンを使ってお話されるほうが、よほど効果のある対策になるのです。
3) 携帯電話の電磁波への対策商品が市販されていますが、どうでしょう?
携帯電話の電磁波は避けようがありません。通話時間はできるだけ短く、長く話すときはイヤホンマイクを使いましょう。
4) 近隣の携帯電話のアンテナが気になり、電波がシールドできる布を使っています。
アンテナからの電波は一方向から真っ直ぐ自分のほうへ向かっているのではなく、一定の範囲を全体的にカバーしているものです。
電波をシールドするには、全方向からの電波を遮断するシールドルームを作るしかなく、それは携帯電話の使用圏外になってしまう環境を意味します。
布を窓に掛けていても携帯電話が使えるということは、その布が意味を成していないと言えるでしょう。
5) 携帯電話の電磁波対策方法はありますか?
テレビでも放映されましたが、通話の際、携帯電話を頭部付近で使用すると、脳の血流が5分の1まで下がるということが神戸の小川クリニック小川院長から報告されています。
そして血流が下がっているのに、頭部の温度が局所的に上がるということも分かっています。これは、携帯電話の周波数の特徴で、人体にあまりにも近くなると「熱作用」が働いてしまうということが原因と考えられています。ちなみに、低周波は「刺激作用」を起すと考えられています。
総務省のガイドラインでは、携帯電話などの高周波についてはペースメーカーとの干渉距離(問題と考えられる距離)を3センチと定めています。
つまり、携帯電話が極力頭部に近づくことで、人体に干渉すると考えた場合、距離がとれる方法としてイヤホンを使用することによって本体を頭部付近から離すことが、最も簡単で、安価で、明確な対策になると考えています。
電磁波は、すぐに何か影響が出るわけではないですが、何年、何十年後にその影響が現れる可能性はありますので、パソコンや家電製品のアースとともに、今からできる予防として、イヤホンマイクを使用するよう心掛けることが大切だと考えています。

そのほかの質問は以下のカテゴリからご覧になれます!


ページトップへ
サイトトップへ