トップ > オールアース導入施設 > サンカムペットクリニック

オールアース導入施設例 サンカムペットクリニック


サンカムペットクリニック

クリニックの移転を機に愛知県名古屋市中川区にある動物病院サンカムペットクリニックにオールアースを導入いただきました。クリニックの名前「サンカム」は「SUN(太陽)COME(来る)」という意味で、太陽という素晴らしいエネルギーを持った存在をクリニックの名前に含むことで、日はまた昇る、光があたる、明日がやってくるというような、ポジティブな想いを表現されています。

ペットも飼い主も心と体が落ち着くような場所で、楽しくにこやかに過ごしてもらいたいとの願いから、ペットたちの環境にもこだわり、また徹底的に病院っぽくない雰囲気作りにするため、照明や無垢材などの内装材の選定から、土壁塗り作業までご自分達でやられています。まったくと言って良い程病院っぽくない外観と内観に、田中院長と日置先生のこだわりが溢れています。

少し丸みのある凸凹が特徴のフローリング無垢材は、ワンちゃんが走り回っても滑ったり足を挫いたりしないように、そしてペットも人間同様電磁波の影響を受けますから、その対策としてオールアースを導入いただくなどお二人の動物への愛情が溢れたクリニックです。

サンカムペットクリニックにはペットショップやブリーダーから、病気などを理由に捨てられた動物達が、ワンちゃんを中心に約30匹程保護され生活していますが、実家がケーキ屋さんという日置先生は、併設の厨房に本格的なオーブンも用意され、毎日30匹のペットに手作りの食事を与えるこだわりぶり。食についても日々勉強され、以前のクリニックでも行っていた手作り食やおやつ作りの料理教室も再開予定。現在も農家に畑の手伝いに行って勉強されており、いずれは自分達とペットの食べる分くらいは自給自足するのが今の目標ですと笑顔でお話ししてくれました。


アロマに使うハーブを栽培する中庭 ワンちゃん達がお出迎え。 明るく気持ちの良いサンルーム
サンカムペットクリニック内観 保護されているペット達をご紹介! 併設の厨房で毎日の食事とお料理教室

サンカムペットクリニック

サンカムペットクリニック田中院長(左)と日置先生 クリニックではペットの体調の相談だけでなく、飼い主の心の相談にも対応されていて、どう世話して良いのか分からない、どんな食事を与えれば良いのか、薬やワクチンはどうすれば良いか、etc…たくさんのクライアントさんのそれぞれの悩みに応えるため、食だけでなく、電磁波や建築など環境に関する勉強会にも積極的に参加され、知識を吸収、実践し、その想いがクリニックの環境や、ペットの食事、バッチフラワーレメディやアロマテラピー等の自然療法へと形となって表れています。

癒しの空間で、どんな悩みにも真摯に相談に乗ってくださるので、2〜3時間ゆっくりされていく方がほとんどで、予防接種に来たワンちゃんもクリニックのワンちゃん達と走り回って遊んでいきます。そうした時間を大切にしたい、そんな病院があっても良いのではという想いで、人間同様3分診療が当然とされる中、診察も完全予約制にされ、一人一人、一匹一匹に親切丁寧に対応されています。

「人間同様、ペットだって癒しを求めている。環境を整えてあげたい。飼い主が勉強して、実践していくことが大切。ペットの為にやっていることが、自分や家族の為にもなる。」

そう笑顔で話す田中院長と日置先生。とても心が温かいクリニックです。名古屋周辺でペット飼われている方、是非足を運ばれて見て下さい。

サンカムペットクリニック
〒454-0838
愛知県名古屋市中川区太平通1丁目47番地
TEL:052-355-6431(完全予約制)
Webサイト:http://www.dr-eriko.jp

健康な住まいづくりのプロセス(測定編):お問い合わせはこちら 健康な住まいづくりのプロセス(測定編):お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください。


ページトップへ
サイトトップへ